ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

ヨガでヒップアップ!でも…体が硬くても効果ある?

   

ヨガでヒップアップ!でも…体が硬くても効果ある?

ヨガのヒップアップ効果

おしりのたるみには、運動不足による筋力低下、姿勢の悪さ、冷えによる血行不良が大きく関係しています。ヨガには、姿勢を改善して血流を促す効果がある他、ピンポイントで筋肉に負荷を与えられるので、ヨガポーズをエクササイズとして利用すればヒップアップ効果にも期待できます。冬は特に、冷えて体がガチガチに固まりやすいので、体をほぐす意味でもヨガは大変有効です。

体が硬い方は無理なポーズは控え、簡単なポーズのヨガから始めましょう。ポーズをとった時に体のどこかに痛みを感じる場合は、体に負担がかかっている状態です。
ケガにつながる恐れがあるので、気持ちいいと感じる程度の負荷にとどめましょう。秒数や回数は、体を慣らしてから徐々に増やしていくようにしてください。簡単なポーズでも毎日行うことで、ヨガによるヒップアップ効果が得られます。

ヒップップにおすすめのヨガポーズ

橋のポーズ

おしりと太ももの引き締めに効果的なヨガポーズです。

  1. 仰向けになり両ヒザを立てます。
  2. 両ヒザの間隔がこぶし1個分空くようにして足を広げ、腕は体の横に添えます。
  3. 肩甲骨を寄せ、おしりの後ろで両手を合わせましょう。
  4. おしりに力を入れ、ゆっくり持ち上げて5秒キープします。腰を反らせないように注意しましょう。
  5. ゆっくりおしりを下げます。
  6. 4~5を5回を目安に繰り返してください。

弓のポーズ

骨盤を整える効果があり、姿勢を改善しながらヒップアップを促すヨガポーズです。

  1. うつぶせになり、手のひらを上向きにして両手を体の横に置きます。
  2. 息を吐きながら、両ヒザを曲げておしりのそばにかかとを持ってきます。
  3. 背中を反らせて両足首を手で持ちましょう。
    息を吸いながら、かかとをおしりから離すように持ち上げ、太ももも床から離します。肩甲骨は背中の中心に集めるイメージで行いましょう。
  4. 体を反らせたまま、20~30秒呼吸をしながらキープします。
  5. 息をゆっくり吐きながら足首から手を離して②の状態に戻り、5~10秒休みます。
  6. 3~5を5回を目安に繰り返してください。

まとめ

ヨガといえば複雑なポーズが多く、体が柔らかくないとできそうにもないイメージを持つ方が多いでしょう。体が硬い方にとっては苦手意識があるかもしれません。しかし、ヨガには簡単なポーズや体が硬くてもできるポーズがたくさんあります。激しい運動ではないので、体力がない方や運動が苦手な方にもおすすめ。特別な準備がいらず、寒い外に出なくても家の中でできるという手軽さもいいですね。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識