ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

ウエストを引き締めたい男性必見!腹筋だけでは細くならない!?

      2018/09/27

ウエストを引き締めたい男性必見!腹筋だけでは細くならない!?

なぜ腹筋だけでは細くならないのか?

昔ながらの腹筋運動は「上体起こし」という方法で、実は残念ながら、これではぽっこりお腹の解消やウエストを細くすることは叶いません。その理由はズバリ、ウエストの太さは筋肉ではなく、脂肪が原因だからなのです。

男性の場合は内臓脂肪が、女性の場合は皮下脂肪が増えやすい傾向にありますが、どちらにしてもお腹の脂肪を落とさなければウエストを細くすることはできません。
腹筋運動がお腹の脂肪を落とすのに効果的かといえば、そうではなく、脂肪を蓄えたまま、その下の筋肉が大きくなって、余計にウエストのサイズを大きくしてしまうことすら考えられます。

ウエストが太くなる原因

食べ過ぎや運動不足

年齢とともに代謝は衰えていくもの。若いころと同じ量の食事や、甘いもの、脂っこいものを多くとっていれば、体重は重く、ウエストは太くなるのは当然です。また、日ごろから運動不足で腹筋などを鍛えていない人は筋肉が衰え、皮下脂肪が増加。

そこに老廃物が絡み合うことでセルライトへと変わっていきます。セルライトは食事制限や運動で落とすことが難しいので、セルライトをたっぷり蓄えてからあわててダイエットしても、思ったように痩せられないという落とし穴があるのです。

姿勢の悪さや骨盤のゆがみ

腰が反っていたり、猫背だったりと姿勢が悪い場合に、ウエスト周りに脂肪がつきやすくなるといわれています。また、骨盤が歪んだり開いたりしているケースも皮下脂肪が付きやすくなる原因に。このような姿勢の悪さや骨盤のゆがみは、脂肪だけではなく、内臓が正しい位置に収まっていないこともウエストの太さに影響を与えています。

たとえば、胃が正常な位置にある場合、食事をした後はみぞおち辺りがふくみますが、肋骨に守られているため、それほど目立つものではありません。これに対して、胃の位置が下がっていわゆる「胃下垂」になっている人の場合、食事の後にはウエストから下腹部辺りがふくらみます。

骨がない箇所なのでぽっこりお腹が目立ち、不格好に見えてしまうのです。それだけではなく、内臓が下垂することで消化機能が低下し、便秘や消化不良によって太いウエストがなかなか解消できないというジレンマに陥ってしまう人が多く見られます。

ウエストを引き締める効果的な方法とは

有酸素運動

ウエストに限らず脂肪を落とすために最も有効なのは、腹筋運動のような無酸素運動ではなく、ウォーキングをはじめとする有酸素運動です。
お腹の筋肉をいくら鍛えても、お腹の脂肪だけを燃焼させることはできません。脂肪を燃焼させるには全身のカロリーを消費することが不可欠。カロリー消費のためには、低い負荷で長い時間行う有酸素運動が適しているのです。

減らし過ぎない食事制限

極端に食事の量を減らすダイエットはリバウンドの温床です。一日の摂取カロリーは大きく減らさず、食事のバランスを見直すとともに食べる順番を意識することがおすすめ。
最初に野菜を食べ、次に発酵食品やたんぱく質、最後に炭水化物を食べるようにしましょう。血糖値が急激に上がり過ぎることを防ぎ、炭水化物の摂取量を減らすことで、満足感がありながらダイエット効果も得られる食事方法です。

ウエストを細くする運動

無酸素運動は脂肪を落とす効果が薄いというお話をしましたが、腹斜筋を鍛える運動はウエストを細く、きれいに見せるためには役立つので、有酸素運動と併せて行ってみましょう。ウエストのたるんだ筋肉を引き締め、姿勢や内臓の位置を正すことで、よりきれいに整ったウエストに見せることができます。

  1. 片方のヒジと同じ側の腰、脚の側面を床についた状態で体を横向きに支えます。
  2. 腰を上げ、足とヒジだけで体を支え、15秒間キープします。
  3. 反対側でも同様に行います。
  4. 1~3を4セット行いましょう。

男性のウエストの理想とは?

女性から見た男性のウエストの理想

ここ数年、女性に人気がある体型の本命は細マッチョ。痩せ過ぎでもなく、ボディビルダーのような筋肉隆々でもなく、痩せ型でありながらしっかりと筋肉質な体型です。
ウエストについていえば、サイズがどうかというより、見た目が美しいかどうかが肝心。バキバキに割れている腹筋よりも、しなやかで引き締まり、適度に筋が見えている程度が女性から見た理想なのです。

男性から見た男性のウエストの理想

男性が目指すのは、トレーニングジムなどで理想のウエストサイズとされる、身長×0.43cmが一般的でしょう。たとえば、身長が180cmの男性の場合、理想のウエストサイズは77.4cmです。
トレーニングジムは鍛えてなんぼの商売ですから、女性が理想とする体型より全体的にたくましく、がっちりとした体型を理想としているため、サイズだけで見ると太めに感じられるかもしれませんね。

まとめ

ぽっこりお腹が気になる多くの人が対策のために真っ先に思い浮かべるのは、「腹筋しなくちゃ」ということではないでしょうか。腹筋運動はぽっこりお腹やウエストにあまり効果がないことがわかりました。
脂肪を落とす有酸素運動と食事の工夫、腹斜筋を鍛える運動を実践してみましょう。また、狙った脂肪に働くキャビテーションが家庭で行える美容家電を併せて使用するのも大変効果的です。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識