ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

ジムでもできる!ウエストダイエットに効くストレッチまとめ

      2017/05/29

ジムでもできる!効果的なウエストに効くストレッチ

みなさんは、筋トレではウエストやせができないことをご存じでしょうか?腹筋運動をはじめとするウエスト周りの筋肉を鍛えることは、そのままウエストの脂肪を落とすことにはつながらず、基礎代謝を上げることでやせやすい体づくりができる、つまり、全身やせに効果的な運動なのです。では、ジムではウエストやせができないかというと、そうではありません。今回はジムでも自宅でもできる、ウエストに効くストレッチをご紹介します。

下がった内臓を引き上げるストレッチ

下腹ポッコリに悩んでいる人は、内臓が下垂していることが考えられます。これが原因でウエストやお腹が太って見えることはもちろん、胃や腸の働きが悪くなり、便秘症をはじめとする体の不調を引き起こすことも。内臓を引き上げるストレッチを習慣にして、ウエストすっきりと健康アップを目指しましょう。

  1. 足を肩幅くらいに開いて立ち、頭の上で手のひらを上向きにした状態で両手を組みます。
  2. 息を吸いながら腕をもっとも高い位置まで引き上げ、お腹を凹ますように意識しながら伸ばします。
  3. ゆっくりと息を吐きながら、上半身全体を右側に倒します。
  4. 自然に呼吸をしながら、そのままの姿勢を10秒間保ちます。
  5. 息を吸いながら②の状態まで戻し、同じ要領で左側も行います。

1回に左右3セットを繰り返し、1日に2回を目標に行うといいでしょう。

骨盤のゆがみを改善するストレッチ

生活習慣や妊娠・出産などにより、骨盤の開きやゆがみが生じます。骨盤はウエストやヒップのサイズに大きく影響するので、股関節を開いて閉じるストレッチでゆがみの改善を目指しましょう。

  1. あぐらを伸ばしたような形で左右の足の裏を合わせて座り、手でひざを床につけるようにゆっくりと押します。
  2. 自然に呼吸をしながら、そのままの姿勢を40秒間保ちます。
  3. 仰向けに寝た状態でひざを立て、足を肩幅以上に開き、腕は体の横で手のひらを床に向けて置きます。
  4. 足の位置を動かさずにゆっくりと両ひざを近づけ、太ももからひざの内側に力を入れてくっつけます。
  5. 自然に呼吸をしながら、そのままの姿勢を40秒間保ちます。

ポッコリお腹を改善する腹斜筋ストレッチ

「ウエストダイエット」というと、お腹の前面にある腹直筋を鍛える、いわゆる腹筋運動を思い浮かべる方が多いかもしれません。
でも、ここを鍛えすぎるとムキムキの印象になり、スッキリとしたウエストとは程遠い印象に。そこで、普段の生活では使われにくい、脇腹にある「腹斜筋」を鍛えることをおすすめします。
年齢を重ねるごとに筋力は低下していくもの。腹斜筋が弱くなると、ウエスト周りのお肉がたるんだり、内臓が下がって代謝機能が低下したりといった問題が生じます。
腹斜筋の収縮運動を行い、意識的に鍛えることで、メリハリのあるウエストとポッコリお腹の解消、内臓の健康を目指しましょう。

  1. 両足を肩幅に開き、背筋を伸ばしてまっすぐに立ちます。
  2. 両手を軽く頭に添えましょう。両手を頭の後ろで組んでも構いません。
  3. 左の太ももを上げながら体をひねり、右ひじと左ひざを軽くタッチさせます。
  4. 太ももを下して②の態勢にゆっくりと戻しましょう。
  5. 次は、反対側となる右の太ももを上げながら左ひじと右ひざを軽くタッチさせ、また②の態勢にゆっくりと戻します。
  6. ③~⑤を1セットとして、1日に20セット繰り返しましょう。

下腹部に力を入れ、脇腹をしっかりと伸ばしながらストレッチを行うようにすると効果倍増。
腹斜筋だけではなく、体幹全体のトレーニングとしてもおすすめです。

ウエストを引き締める腹横筋ストレッチ

「腹横筋」も、鍛えるとウエストスッキリに近づく筋肉。お腹を凹ませる動作を行う時に使いますが、日常生活ではそれほど使う機会がありません。
腹横筋は「コルセット筋」とも呼ばれ、体幹を安定させて正しい姿勢を維持する働きがあります。
腹横筋が弱くなると血流が悪くなり、お腹周りに余分な脂肪が蓄積するため要注意。腰痛に悩まされやすい方は腹横筋が弱くなっているサインかもしれません。
腹横筋を鍛えることで腰痛が起こりにくくなる方も多いので、普段から鍛えておいてはいかがでしょうか?

  1. 仰向けに寝て両腕を体の横に添え、両ひざを90度に立てます。
  2. 鼻から息を吸い、口から息を吐きながらお腹を凹ませます。
  3. 両腕をバンザイするように上げ、3秒数えながらゆっくりと体の横に腕を戻します。
  4. 両ひざをお腹側に引き寄せ、3秒数えながらゆっくりと戻します。
  5. ③~④を1セットとして、1日に20回ほど繰り返しましょう。

お腹を凹ませながら、体の軸を意識してストレッチを行うことがポイントです。
慣れてきたら、④の時に脚をまっすぐに伸ばした状態で、上下運動を行ってみましょう。
負荷が高くなり、腹横筋をしっかりと鍛えることができます。腰に痛みを感じる場合は、無理をしないようにしてください。

ジムでのトレーニングでもウエストやせは可能??

自宅でできるウエストやせに効果的なストレッチをご紹介しました。ジムではストレッチマシンの利用や、ペアストレッチなどの方法もあるので、トレーナーに相談してみてください。また、ウエストの脂肪を撃退したい場合は、家庭用のキャビテーションマシンもおすすめです。脂肪を溶かして排出させるはたらきがあるので、ストレッチと合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ジムでダイエット