ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

「間食OKダイエット」って本当?!痩せる間食の食べ方とは

      2018/09/27

「間食OKダイエット」って本当?!痩せる間食の食べ方とは

間食OKなダイエット法とは

「間食OKダイエット」とは、「スマートスナッキング」や「ヘルシースナッキング」と呼ばれる、いい間食をとることで賢く楽にダイエットにつなげる方法です。

なぜ間食をとっても痩せられるのか

空腹はダイエットの一番のネックです。ヘルシーな間食を取り入れることでお腹が空き過ぎることをなくせば、ダイエット時のストレスを軽減することができます。さらに、間食をとらずに食事の量を制限すると、お腹が空いているためどうしても毎食食べ過ぎてしまいがちですが、間食で空腹になり過ぎることを防いでおけばドカ食いになることもありません。
また、ヘルシーな間食は1日3食のメニューの中でとりきれなかった栄養を補うこともでき、栄養バランスが整うとともに代謝や免疫力のアップにもつながることで、痩せやすい体に導くのです。

「間食OKダイエット」のやり方

「間食OK」といっても、普通に3食めいっぱい食べた上に、3時のおやつにスイーツ、夜食にラーメン……といった食生活ではダイエットにはつながりません。食事と食事の間隔が4時間以上空いてしまう時に、ヘルシーな間食をはさむようにしましょう。血糖値の上昇や降下を安定させ、空腹を防ぐため、太りにくくなります。

OKな間食とNGな間食

OKな間食

1日の総カロリーを増やさずに、食事を腹八分目にして、間食は1日200kcal未満に抑えるようにするといいでしょう。食事で不足しがちなたんぱく質やビタミン類、カルシウム、食物繊維などが補え、かつ低カロリーな、次のような食品がおすすめです。

ナッツ類

アーモンドやくるみなどのナッツ類は腹持ちが良く、ビタミン類や鉄分も多く含まれているので、ダイエットにも美容にも最適です。

フルーツ類

ビタミンや食物繊維が豊富で甘みもあるフルーツ類は満足度大です。

乳製品

ヨーグルトやチーズなどの乳製品はたんぱく質やカルシウムをはじめとする栄養素が豊富で安眠効果も期待できるので、夕食の後にお腹が空いてしまった時におすすめです。

特にNGな間食

  • 洋菓子系のスイーツ
  • 食後のデザート
  • 「3時だから」など、空腹を感じていないのに習慣になっている間食
  • 寝る直前の間食

間食ダイエットのポイント

間食をする時間帯

私たち人間の体は時間帯によって代謝の働きが変化するといわれています。朝から昼までが代謝が活発な時間帯。この時間帯に脂肪分や糖分、カロリーの高いものを食べてもさほど問題はないでしょう。また、「3時のおやつ」といわれるように、午後3時に間食をするのも実は理にかなっています。

仕事をしていると、12時から昼食をとり、夕食は帰宅後の19時過ぎ、という人が多いもの。このような生活パターンだと夕食までにお腹が空いて、夕食のカロリーの吸収率が高まったり、食べ過ぎたりしがちです。これを防ぐために、午後3時くらいに間食をするのはダイエット上のメリットがあります。ただし、カロリー低めの軽い間食にしましょう。

1日のカロリー

1日に必要な食事のカロリー量は、年齢や性別、運動量によって異なります。例を挙げれば、18歳から29歳までで運動量が普通の女性の場合、約2000kcal。理論上では、食事+間食で、この値を超えないようにすれば痩せられる、ということになります。

ただし、あくまで理論上であり、食べ合わせやタイミングによっても痩せる、痩せないは大きく左右されるもの。間食にはカロリーが低く、ダイエット中にありがちな便秘を防止するために食物繊維が多い食品を選んでおけば安心です。

おすすめの食品と食べ方

ナッツ類

ナッツ類は植物性タンパク質や良質の油が豊富で、腹持ちも非常にいいのが特徴です。食物繊維が豊富で血糖値が上がりにくいともいわれています。ナッツ類は美容にもいいので女性にとっては一石二鳥。アーモンドやピーナッツを間食としてそのままポリポリと食べるのがおすすめです。

フルーツ類

フルーツはビタミンや水溶性食物繊維が豊富で、血糖値が急激に上がるのを抑える機能もある素晴らしい食品です。中でも特におすすめなのはキーウィ。

低カロリーでビタミンCが豊富なことに加え、糖質を代謝するのに必要なビタミンB1もたっぷり含まれています。間食ダイエットでおすすめのフルーツの食べ方は、空腹時に1日200gを目安にとる方法。良質な糖分が摂れるので、朝食代わりにしても効果的です。

乳製品

ヨーグルトやチーズといった乳製品はタンパク質やカルシウムが豊富で低カロリーです。ヨーグルトはビフィズス菌が豊富に含まれているものを選びましょう。フルーツヨーグルトもカロリー低めのものならおすすめです。

チーズは糖分の入っていないものを選ぶのがポイント。糖質の高いデザートチーズは間食ダイエットには向いていないので注意しましょう。間食に乳製品をとることで空腹が抑えられ栄養を補えるので、ダイエット面にも健康面にも非常にメリットがあります。

まとめ

「痩せたいけど、食べるのをガマンするなんてムリ!」という人は多いもの。食事制限の挙句にリバウンドして、余計に太りやすい体質に変わってしまった、という人もいます。そんな人にも朗報な「間食OKダイエット」をご紹介しました。気になる部位の脂肪にアプローチできる家庭用キャビテーションマシンと並行して行うことで、より早くスリムボディを手に入れることができるでしょう。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識