ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

座りながらぽっこりお腹を解消!おすすめ姿勢矯正グッズ5選

   

座りながらぽっこりお腹を解消!おすすめ姿勢矯正グッズ5選

悪い姿勢はプロポーションにも悪影響

姿勢が悪いと内臓が圧迫され、さまざまな健康面での不調を引き起こすことは知られていますが、実はプロポーションにも悪い影響を与えています。

太って見える

「悪い姿勢」イコール「楽な姿勢」でもあるため、猫背の姿勢や脚を組むことを長時間続けていると腹筋や背筋が衰えてしまいます。これにより、内臓が正しい位置から下がり、「ぽっこりお腹」の原因になるのです。また、姿勢の悪さから骨盤周りの筋肉が衰えると骨盤がゆがみ、ヒップが大きく見える原因にもなります。

太りやすい体質になる

悪い姿勢による筋力の低下、内臓や骨盤を圧迫することで起こる血行不良、リンパの流れの低下などは、基礎代謝が下がる原因につながります。基礎代謝というのは何もしていなくても消費されるエネルギーなので、これが下がると即、太りやすくなってしまうのです。

人気の姿勢矯正グッズ5選

悪い姿勢を強制するには、日常的に使える、または家で気軽にケアできるグッズがおすすめです。

姿勢サポーター

「健康グッズ」「矯正グッズ」「サポーター」の3つのランキングで長期間にわたりトップランクインしている商品です。背中に装着して日常生活を送ることで、正しい姿勢を自然に意識することができます。

ボディローラー

肋骨の下に置いて横になり、6分間寝るだけで、自分の体重を利用して肋骨周りをしっかりストレッチさせることができます。振動とローラーのサポートも加わって、くびれボディを目指せる商品です。

骨盤ケアグッズ

使い続けることで自然と骨盤を矯正できます。イスの上でも床の上でも使え、ながらケアで姿勢の改善とともに、骨盤周りの筋肉や内転筋の引き締めエクササイズが行えます。また、骨盤に特化したベルトやコルセットタイプの製品は、仙腸関節周りを的確にサポート。腰痛予防と骨盤矯正に期待できます。

ポールタイプケアグッズ

ポールを足の間に挟むことで足の筋肉を鍛えたり姿勢を矯正でき、ポールの上に寝ることで肩、首、肩甲骨周りの筋肉をほぐし、姿勢の改善を目指すことができます。使い方によって様々な効果が得られます。

MIZUNO 腰部骨盤ベルト

スポーツメーカーのミズノが開発した、骨盤に特化したコルセットです。幅が細いベルトタイプながら、仙腸関節周りを的確にサポート。腰痛予防を目的としていますが、骨盤矯正にも期待できます。

まとめ

姿勢矯正グッズを上手に使って、正しい姿勢と美しいプロポーションを目指したいものですね。ぽっこりお腹の解消には、外側から脂肪に働きかけるケアも大切です。姿勢矯正グッズと併せて家庭用キャビテーションマシンを使えば、よりスピーディーに理想のプロポーションに近づけるでしょう。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識