ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

おしりニキビの原因は?市販薬で治せる?

   

おしりニキビの原因は?市販薬で治せる?

おしりニキビの原因とは

夜寝ている時や、日中イスに腰かけている時など常に圧迫され、刺激を受けているおしりの肌。肌は外部からの刺激を受けると角質を厚くして自らを守ろうとする性質を持っています。おしりに触ってみてザラザラするようであれば、角質が厚くなっているサイン。角質が厚くなると毛穴を塞いでしまうため、皮脂や角栓が詰まりやすくなります。

すると、アクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビができやすい状態になるのです。また、角質が厚くなった状態でさらに刺激を受け続けると、肌のターンオーバーも停滞。厚くなった角質によるガサガサやニキビが治りにくい状態になってしまいます。さらに、デスクワークなどで座る時間が長い、肌が乾燥してもお手入れしない、などの生活習慣も、ニキビができやすい状態を招くので注意しましょう。

市販薬で治せる?

おしりのニキビは軽いうちであれば、市販薬でも治療が可能。一般的な薬としてはステロイドと抗菌薬を配合した「テラ・コートリル」、アクネ菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノール配合の「ペアアクネ」、角質に詰まった角栓を柔らかくするイオウを配合した「ビフナイト」などがあります。

しかし、赤く炎症を起こしたニキビや白い膿をもったニキビができている場合、セルフケアで治すことは難しいので、皮膚科の診察を受けるようにしましょう。
皮膚科では「アクアチム」などのニューキノロン系抗菌薬のほか、皮脂のつまりをスムーズにする作用のある「ディフェリンゲル」など薬局には流通していない薬があり、症状によってはビタミン剤や抗生物質などの内服薬が処方される場合もあります。トータルで最善の治療ができるのは、医療機関ならではだといえるでしょう。

正しいケア方法とは

まずは下着を通気性の良いコットンのものにする、締め付けの強い下着やスキニージーンズ、レギンスといったボトムは避けてゆったりとしたスカートやガウチョパンツを愛用するなど、着るものを改善してみましょう。また、肌は乾燥しているとさらに皮脂を分泌するという性質があります。
お尻のニキビが気になる時には、まずはしっかりと化粧水などで保湿することが大切。肌がしっとりすればターンオーバーも正常に近づき、ガサガサも解消します。

まとめ

皮膚科の薬や市販のニキビ薬で治療をしても、おしりの肌を刺激し続けていては、ニキビはなかなか改善しません。とはいえ、座ったり横になったりした時の刺激を軽減するということはなかなか難しいですよね。
普段からおしりを鏡に写してチェックし、正しいケア方法を実践するようにしましょう。保湿アイテムは毛穴に詰まりにくいタイプを選んでくださいね。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識