ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

食事制限だけで痩せられる?正しい方法とは

   

食事制限だけで痩せられる?正しい方法とは

食事制限のみのダイエットで注意すべきこと

「痩せよう!」と思った時に、誰もが手っ取り早く考えるのが、食事制限によるダイエットでしょう。太った原因が食べ過ぎならば、食事を減らせば誰でも痩せることができます。
むしろ、きつい運動を行うと余計にお腹が空いてしまい、いつも以上に食べ過ぎて逆に太ることがあるのも事実。しかし、食事制限だけで痩せようとする時にはいくつか注意しなくてはならないことがあります。

食事の量を減らし過ぎない

とにかく第一に気をつけるべきなのは、極端に食事の量を減らし過ぎることです。少ない食事でも生きていける「太りやすく痩せにくい体質」になってしまうため、絶対に避けましょう。せっかく痩せても、普通の食事量に戻した途端にリバウンドすることは目に見えています。

サプリメントやダイエット食品に頼り過ぎない

糖質や脂質をカットするサプリメントがありますが、その効果はピンキリです。また、極端にカロリーが低く栄養素も陳腐なダイエット食品もたくさんあります。こうした商品に頼り過ぎないようにすることが大切です。

安全な食事制限ダイエットの方法

飲みものや間食に注意する

飲みものはノンカロリーのミネラルウォーターや麦茶、緑茶などにしましょう。ジュースや炭酸飲料の中には、500mlで250kcalほどあるものも。気にせずに飲んでいた人は、これに注意するだけでもかなりのカロリー制限が可能です。
同じく間食では、例えばポテトチップス1袋は350kcal〜500kcal。このような高カロリーの間食を続けていては、いくら食事の量を制限しても元も子もありません。

寝る3時間前までに食事を終わらせる

寝ている時には、「痩せホルモン」といわれる「レプチン」が分泌されます。寝る直前に食事をとると、このレプチンの分泌量が低下するため、太りやすくなってしまうのです。

咀嚼回数を増やす

「早食いの人は太りやすい」とよくいわれます。満腹感を得られるまでには時間がかかることが、その理由のひとつ。1口ごとの咀嚼回数を50〜100回に増やしてゆっくり食事をすれば、満腹中枢を刺激するため、満腹感を得られやすいというわけです。

まとめ

無理な食事制限をするダイエットは成果が出にくく、挫折する人も多いものです。ただ単に1食減らすだけではお腹が空いてとても辛く、次の食事で食べ過ぎてしまうという欠点も。

上でご紹介したような食事法は簡単で辛さも少なく、実践しやすいものです。これを毎食徹底するだけでも、自然と食事を制限することができ、摂取カロリーを着実に抑えることにつながります。まずは1つの方法から、取り入れてみてはいかがでしょうか?

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識