ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

男性のウエストダイエット、一番効果があるのは?!

   

男性のウエストダイエット、一番効果があるのは?!

男性は女性よりも内臓脂肪がつきやすいと言われています。
40歳以上が対象となるメタボ健診では男性の場合、ウエスト85cm以上が黄色信号。お腹周りについた脂肪は見た目だけではなく、健康面から見てもNGなのです。男性のウエストダイエットは皮下脂肪と内臓脂肪の両方にアプローチできるよう、体の内側と外側からケアする必要があります。
効果的な方法をご紹介しましょう。

有酸素運動

内臓脂肪にアプローチするために効果的なのは、脂肪燃焼効果のある有酸素運動。
とはいえ、仕事が忙しく、運動のためにまとまった時間を取ることが難しい人も多いでしょう。
その場合、バスや電車で移動しているところを徒歩にしたり、家の中でもできる踏み台昇降を習慣にしたりするのがおすすめです。

筋トレ

ウエストを細くするには何と言っても腹筋運動!と思ってはいませんか?
でも、腹筋運動だけではウエストは細くなりません。腹筋運動をはじめとする筋トレは、痩せることよりも、形をきれいに見せるために有効。
また、筋肉をつけることで基礎代謝を上げ、痩せやすい体づくりにも貢献します。筋トレを有酸素運動や食事制限と平行することで、カッコイイ体型に近づくことができるのです。

食事の工夫

女性だけではなく、男性の間でも人気がある糖質制限ダイエット。
炭水化物の摂取量を減らすというシンプルな方法で、面倒なカロリー計算の必要がないため、忙しいビジネスマンでもトライしやすいというメリットがあります。
ただ、糖質制限でごはんやパンの量を減らすと、自然とおかずを食べる量が増えることに。脂肪分の多い肉類や脂っこい料理でお腹を満たそうとすると、かえって内臓脂肪を増やすことにもつながります。
糖質だけをカットするよりも、炭水化物やたんぱく質にビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んだバランスのいいい食事を摂り、腹八分目でストップさせるのがもっともおすすめの方法です。

キャビテーション

美容クリニックやエステサロンの痩身コースで受けられるキャビテーションは、気になる部位の脂肪を溶かして排出させるという施術。
皮下脂肪だけではなく、内臓脂肪にもアプローチできるのが特徴です。

まとめ

ほどよく引き締まったウエストを手に入れたいと思っているのは女性だけではありません。男性でも「ベルトの穴が足りなくなってきた」「スーツのズボンのホックが止まらない」など、ウエスト周りの太さを気にしている人は意外に多いのです。男性の場合、運動する時間がなかったり、お付き合いでついつい食べ過ぎたりということも多いので、キャビテーションが最もおすすめ。家庭用のキャビテーションマシンも市販されているので、上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識