ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

ヒップアップエクササイズでサイズダウンを目指せ!

   

ヒップアップエクササイズでサイズダウンを目指せ!

お尻が大きくなってしまう原因とは

体の中で、お尻はもともと皮下脂肪が付きやすい部位です。特に下半身が冷えている方は、代謝の低下によりお尻に脂肪が付きやすくなっているので、ダイエットをしてもサイズダウンの効果が得にくい傾向にあります。冷え性を改善して血液の循環をよくすることが、お尻のサイズダウンには必要不可欠なのです。

また、姿勢の悪さによって骨盤がゆがみ、体のバランスが崩れているためにお尻の大きさが目立つ方もいます。特に多いのが、骨盤が前に傾斜する反り腰になっているパターン。反り腰は、太ももが内側にねじれてお尻が外側に張ってしまうため、大きいお尻に見えてしまいます。

自分が反り腰であるかを確認する方法は簡単。壁に背を向けて、かかとを壁から5cmほど離した状態で真っ直ぐに立った時に、壁と腰の間に手を入れて余裕があれば腰が反った状態であることがわかります。お尻周りの筋肉が弱い方が反り腰になりやすいので、トレーニングやエクササイズで筋肉を鍛える生活習慣を心がけましょう。

ヒップアップエクササイズの方法

特別な道具は必要なく、今すぐ簡単に始めることができるヒップアップエクササイズをご紹介します。お尻の筋肉である大臀筋を効果的に鍛えられるため、ヒップアップや引き締めに効果的。床に当たるヒザが痛む時は、折りたたんだタオルやヨガマットを敷いてクッション性を高めましょう。

  1. 床に四つんばいになります。
  2. 片脚を後ろに伸ばして、お尻の高さと平行になるよう持ち上げます。
  3. 腰を反らさずに、胴体が床と平行になるように意識しながら、脚を上下に動かしましょう。
  4. 10回繰り返したら反対の脚でも同じように行います。

ヒップアップエクササイズは体にかかる負担が少ないため、運動が苦手な方でも続けやすいというメリットがあります。時間がある時に自宅でいつでも実践できるので、時間の制約や金銭的な負担もありません。
気軽にお尻の筋肉が鍛えられ、滞りがちなお尻周りの血液の循環を促すことで、冷えを改善して脂肪の燃焼を高められます。また、筋肉が鍛えられると引き締め効果も得られるので、効率良くお尻のサイズダウンが目指せるでしょう。

まとめ

上でご紹介したように、お尻が大きくなる原因は主に皮下脂肪と骨盤のゆがみです。骨盤のゆがみはヒップアップエクササイズで改善できますが、皮下脂肪はなかなか落ちません。
そこでおすすめなのが、家庭用キャビテーションマシンです。エクササイズで筋肉を鍛え、キャビテーションで脂肪にアプローチすれば、より早くサイズダウンを目指すことができます。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識