ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

お手本アリ!ハイウエストでもお腹を目立たせないコツとは?

   

脚が長く、スタイルよく見えるとして人気のハイウエスト。自分も着てみたいと思いつつも、ぽっこりお腹が気になる人は、「きっとお腹を強調してしまうに違いない!」と、食わず嫌いになっているのではないでしょうか?でも大丈夫!お腹をカバーしつつ、ハイウエストを着こなすコツがあるのです。

フリルやギャザーでカモフラージュ

ハイウエストでキュッと絞られたデザインのトップスは細見えバツグンですが、その下のお腹が問題です。次の写真のように、ウエスト下がフリルやギャザーになっているものなら、ぽっこりお腹をごまかすのに最適。ボトムにお腹を抑える効果がある固めのデニム素材を合わせれば、相乗効果でお腹が気にならず、カッコよく着こなすことができます。

太いベルトでウエストマーク

太ベルトは幅広くウエストを締めるので、ぽっこりお腹が目立ちにくいという特徴があります。さらに、次の写真のように正面に大きなリボンがついたデザインなら、お腹をさりげなくカバーしてくれる上にかわいらしさもプラス。全身をベージュの同系色でそろえることで、フレアスカートでも甘すぎず、落ち着いた印象を与えることができます。

http://wear.jp/wear10103/10208108/

差し色でお腹から視線をそらす

差し色は視線をあやつる便利アイテムのひとつです。次の写真は、シンプルな白いブラウスに、ハイウエストのジーンズの組み合わせ。靴と斜め掛けしたバッグの赤の差し色がポイントになっています。細いストラップには縦のラインを強調する効果が。さらに、バッグが視線を集めることによってお腹の目立ち度合いがダウンします。

http://wear.jp/uethrnrk/9538752/?utm_source=latte&utm_medium=referral&utm_campaign=sp

まとめ

ぽっこりお腹は着こなしのコツでカバーしつつ、密かにウエストダイエットにはげんでみてはいかがでしょうか?ウエストダイエットには、狙った脂肪に直接アプローチできるキャビテーションがおすすめです。忙しい人や費用を節約したい人には、自分の都合に合わせてコツコツ使える家庭用キャビテーションマシンがぴったり。ぽっこりお腹を解消して、着こなしに悩むことなく、どんな服でも美しく着こなすことができるスタイルを目指しましょう!

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - 未分類