ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

自宅でのEMSってウエストダイエットに効果あるの?調査してみた

      2017/01/17

自宅でのEMSって効果あるの?調査してみた

医療用やエステサロンで使われてきたEMSは、鍛えたい部位に電気刺激を与えることで、キツいトレーニングをしなくてもシェイプアップができるマシン。近年では家庭用の運動機器にも取り入れられ、身近なものになっています。今回は、自宅にいながら得られる家庭用EMS機器の効果に迫ってみましょう。

部分痩せの効果

狙った部位の筋肉を鍛えられるEMSですが、「鍛えた部位が痩せられる」という認識は間違っています。その部位の筋肉量が増えれば基本的には太くなりますし、脂肪を燃やす働きは全身への効果なのです。では、EMSでできる部分痩せとはどんなことなのでしょう?

筋肉のたるみが解消

たとえばヒップの筋肉のように、たるんで下垂していた筋肉が鍛えられることにより引き上げられると、形が良くなりシェイプアップされたように見えます。

骨盤のゆがみや姿勢が改善

骨盤の開きやゆがみは、ウエストやヒップのサイズに響きます。骨盤を支える筋肉が鍛えられることで、骨盤を正しい位置に調整することができ、サイズダウンが可能です。また、姿勢の悪さは腹筋と背筋などのバランスの悪さから来ていることが多く、バランスよく鍛えることで姿勢が改善。下垂していた内臓が引き上げられ、ウエストラインがほっそりとします。

全身痩せの効果

基礎代謝量がアップ

筋肉量が少ない人やムリなダイエットを繰り返している人は、寝ているだけでも消費されるカロリーである「基礎代謝量」が低くなっている可能性が高いといえます。EMSではスポーツジムで行うような筋トレに比べて、楽をしながらも筋肉に大きな負荷をかけることができるため、効率よく筋肉量が増やせ、基礎代謝量をアップさせることができるのです。基礎代謝量が増えることにより脂肪が燃焼されやすく、痩せやすい体質に近づいていきます。

インナーマッスルを鍛えられる

腹筋運動などの筋トレで鍛えられるのは主に体の外側についた筋肉で、「お腹が割れる」ようなムキムキのボディラインになりがちです。その点、EMSは体の中心の方にあるインナーマッスルまで届く周波数のものが多く、普段使わない筋肉を鍛えることができます。インナーマッスルはムキムキになる筋肉と違い、内臓や関節などを支える筋肉。鍛えることで、スリムで健康的な体づくりに貢献します。

効率的なウエストダイエットならEMS

EMSは今や、効率良く痩せる方法の代名詞になったと言っても過言ではありません。全身痩せを目指す人は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。また、エステの部分痩せコースでは、よくキャビテーションとEMSが組み合わされています。EMSだけより、脂肪を溶かす施術で知られるキャビテーションを同時に行うことで、効率的な部分痩せが叶うというわけです。家庭用機器を選ぶ時には、こうした機能にも注目してみましょう。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - 自宅で美容家電ダイエット