ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

くびれをつくるツボってあるの?

   

くびれをつくるツボってあるの?

最近は痩せていてもウエストがくびれていない、いわゆる「ずん胴」に悩んでいる人が多いといわれています。
これは脂肪だけではなく、冷えやむくみもウエストの太さの原因になっているため。
今回は脂肪をつきにくくしながら、冷えやむくみの改善にもつながる「くびれをつくるツボ」をご紹介しましょう。

腰まわりの巡りをよくするツボ

ひとつ目は背中にある腎兪(じんゆ)と呼ばれるツボです。腎兪はおへその高さで腰に手を当てたときに、両手の親指が届く部分にあるツボです。
この腎兪を両方同時にじんわりとイタ気持ちいいくらいの強さで、3~5回程度刺激しましょう。少し上半身を後ろにそらすようにすると押しやすくなります。

腎兪を押すと体内に滞っている水分や脂肪が排出されやすくなり、ほっそりとしたウエストづくりに役立つといわれています。
冷えによるむくみが気になる人は、この部分に貼るカイロを当てたり、年間を通して薄手の腹巻を使用したりして、冷やさないようにしてみるのもいいでしょう。

余分な水分の排出を促すツボ

「美容と健康のために、1日に2リットルの水を飲んでいる」という話をよく聞きますよね。
でも、血行やリンパの巡りが滞った状態で水分を摂りすぎると、身体の中に水分がたまる「水毒(すいどく)」という状態を引き起こすことがあり、当然、ウエスト周りが太くなってしまいます。
お腹を触ってみると冷たかったり、体を動かしたときにお腹からチャポチャポという音がしたりする人は要注意。こんな時には体内の余分な水分の排出を促すツボを刺激するのがおすすめです。

このツボはその名も「水分(すいぶん)」。
おへその真上、指1本分上がったところにあります。息を吐きながら、両手の中指を重ねてゆっくりと押すように、10回程度刺激しましょう。

便秘の解消をサポートするツボ

ウエストがくびれているけれど便秘がち……なんて人はまずいません。
便秘とぽっこりお腹の連鎖を断ち切って、毎朝のスッキリを習慣にしたいものですね。

便秘の解消に役立つといわれる「天枢(てんすう)」は、おへその両サイド、指3本分離れた位置にあります。
できれば仰向けに寝た状態で、両方のツボを人差し指から薬指までの3本の指でもみほぐすようにして刺激してください。カイロで温めてもいいでしょう。腸の動きをサポートしてスッキリ効果を促し、くびれたウエストに近づけてくれます。

ツボ押しはいつでもできて便利だけれど…

身体の巡りの低下を改善してくれるツボ押し。いつでも気が向いた時に実践できるのがうれしいですね。ツボを刺激するだけでほっそりとしたウエストを手に入れるのは難しいかもしれませんが、エクササイズやダイエット、キャビテーションをはじめとする美容機器でのケアに加えることで、相乗効果が期待できそうです。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - 自宅で美容家電ダイエット