ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

くびれをつくるウォーキング「ドローインウォーク」とは?

   

くびれをつくるウォーキング「ドローインウォーク」とは?

ドローインとは

ドローイン(draw in)とは、「引き込む」という意味。息を吸ってお腹を大きく引っ込める呼吸法のことです。
普段の生活や運動ではなかなか鍛えることができないインナーマッスルのひとつである「腹横筋」を使うため、代謝を上げることができ、痩せやすい身体づくりに一役買います。

また、腹横筋はウエストのくびれをつくる筋肉でもあるため、鍛えることでウエストの引き締めにも期待。
さらに、腹横筋が強くなると体幹が安定しやすくなるので、姿勢の改善や腰痛、肩こりの軽減にもつながります。
呼吸法のひとつなので、立っていても座っていても、横になっていても実践できるのが特徴です。

ドローインの方法

  1. 立った状態で足を骨盤の幅くらいに広げます。座った状態か仰向けに寝た状態の場合は膝を90度ぐらいに曲げます。
  2. 姿勢を正し、お腹をへこませたままで息を大きくゆっくりと吸い込みます。胸をふくらませるように意識して。
  3. 息をゆっくり吐きながら、さらにお腹をへこませます。
  4. そのまま15秒ほど、浅く長い呼吸をキープ。慣れてきたらキープする時間をのばしていきます。

ドローインウォークとは

ドローインは腹式呼吸よりも胸式呼吸に近く、交感神経を活性化してエクササイズ効果を高めるともいわれています。
そこで、この呼吸法を行いながら歩く「ドローインウォーク」が考案され、人気を呼んでいます。

通常行われているウォーキングは有酸素運動の代表格であり、年齢や性別、運動の得意・不得意にかかわらす誰でもできるのがポイントです。
脂肪燃焼効果のほかにも、ストレス解消、血液の循環を良くする、自律神経のバランスを整える、生活習慣病の予防、脳に酸素を取り込んで活性化させる、心肺機能の向上といった、たくさんの効果にも期待できます。

こんないいことずくめのウォーキングに、ウエストの引き締めをはじめとする効果のあるドローインを組み合わせたのがドローインウォーク。
通常のウォーキングに比べてカロリー消費量が40%もアップするといわれ、シェイプアップや健康維持に非常に役立つエクササイズです。

普段の運動に取り入れてじっくり取り組むにはオススメ!

ドローインウォークは、最初はコツがいりますが、慣れてくるとそれほど意識をしなくても行えるようになります。お腹の筋肉をしっかり使うので、運動不足の人には意外にキツく、やりがいもありますよ!通勤や通学で歩いている時から、気軽に始めてみてはいかがでしょうか?いち早くウエストの脂肪を落としたい方には、キャビテーション機能を持つ美容機器もおすすめです。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識