ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

お尻の黒ずみって何が原因?ツルスベヒップを手に入れたい!

   

お尻の黒ずみって何が原因?ツルスベヒップを手に入れたい!

お尻の黒ずみの原因とは

お尻の黒ずみの一番の原因は摩擦によるものです。肌は紫外線を受けるとメラニン色素を作り出す働きを持っていることはよく知られていますが、実は外部から摩擦などの刺激を受けることでも、自らを守るためにメラニンを作り出します。

これにより、紫外線を受けることはまずないお尻であっても、顔にシミやくすみができるように黒ずみが生じてしまうのです。
特にデスクワークで座った姿勢で過ごすことが多い方は、その分お尻に摩擦を受けやすいため注意が必要。また、締めつけの強い下着を着けたり、ナイロンタオルでゴシゴシ洗ったりすることも黒ずみを招く原因になります。

お尻の黒ずみをケアする方法

スクラブを使用する

メラニン色素を含んだ角質や古い角質が肌に残っていると肌細胞の生まれ変わりを妨げ、黒ずんで見える原因になります。古い角質が残ったままだと美容成分も浸透しないので、まずは古い角質を穏やかに除去するケアから始めましょう。

手軽に角質除去ができるのは、普段のお手入れにスクラブをプラスする方法です。お風呂で体を洗った後に、スクラブ入りのボディジェルなどを肌に伸ばし、円を描くようにクルクルとマッサージしてから洗い流します。
粒子の細かいシュガースクラブや柔らかいこんにゃくスクラブなどを選び、力を入れ過ぎないようにマッサージするのがポイントです。

美容家電を使用する

美容家電の中では、顔のシミやくすみに有効なイオン導入ができる美顔器をお尻にも使うのがイチオシです。イオン導入とは微弱な電流を流すことで、美容成分を肌のより深い部分に浸透させる技術。
お風呂上りの清潔な肌に、ビタミンC誘導体やプラセンタなどが入った専用の化粧品とイオン導入式美顔器を使ってケアしましょう。

ボディ用の美容液を使用する

黒ずみが気になるお尻には、美白成分や保湿成分をたっぷり含んだボディ用の美容液を使うのがおすすめです。
ビタミンC誘導体やプラセンタ、ハイドロキノン、アルブチンといった美白成分にコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分をプラスしたものを選べば、黒ずみとガサガサを同時にケアすることができます。使い方は、お風呂上りの清潔な肌に適量を塗るだけです。

まとめ

お尻の黒ずみを悪化させないためには、刺激をなるべく少なくすることが肝心。とはいえ、座ることは避けられないため、なかなか難しいでしょう。
そこで、できてしまった黒ずみが軽いうちにケアすることが大切です。美容家電やボディ用美容液などでケアする時にも、スクラブで古い角質を取り除いてから行えば、美容成分を受け入れる土台が整って効果がアップします。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識