ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

おしりのたるみは歩き方に原因が!?正しい方法教えます!

   

おしりのたるみは歩き方に原因が!?正しい方法教えます!

おしりのたるみを招く、間違った歩き方

前かがみに歩く

欧米人が姿勢良く胸を張って堂々と歩いているのに対して、日本人は猫背で腰が曲がった前かがみの状態で歩いている人が多いと感じませんか?
このような歩き方では骨盤が後ろに倒れた状態なので、主に太ももの「大腿四頭筋」とふくらはぎの「下腿三頭筋」が使われ、腹筋やおしりの筋肉があまり使われていません。そのため、歩いているだけで日常的にお尻の筋肉を使ってヒップアップができている欧米人に比べ、日本人はヒップが下がりやすくなってしまうのです。

ヒザを曲げて歩く

ハイヒールを履いて歩く時に、ついついやってしまうのがヒザを曲げた歩き方。安定感はありますが、見た目が格好悪いだけではなく、おしりの筋肉を使わないためどんどんたれ尻に近づいていってしまいます。また年配者に多いのもこの歩き方。老後の筋力不足による転倒事故は深刻なので、予防のためにも改めた方がいいでしょう。

外側に重心をかけて歩く

日本人に多いO脚。先天的なケースもありますが、大半はおしりを床に着けてヒザから下を横に広げて座るアヒル座りと言われる座り方をするなどの生活習慣や姿勢の悪さが原因だといわれています。O脚は体の重心が外側に片寄り、内側の筋肉が使われにくいため、おしりがたるんだり、太ももの内側に脂肪がつきやすくなる傾向に。

おしりが上がる正しい歩き方とは

まずは正しい姿勢から。鏡の前に横向きに立ち、耳、肩、骨盤、くるぶしが一直線上になるようにします。この姿勢を保ちながら、ヒザを伸ばしてなるべく大股で歩いてください。かかとから着地し、つま先に体重を移動させながら小指の付け根と親指の付け根で地面を押すようにしながら歩きましょう。

このような正しい歩き方をすると、自然におしりの筋肉に力が入ります。さらにおしりの穴に力を入れて歩くようにすると、ヒップアップに効果的。ヒジを曲げて前後に大きく振りながら歩くと消費カロリーも増えます。

おしり以外にもシェイプアップ効果が

正しい歩き方をすると、足の指を使うためふくらはぎのむくみが解消され、脂肪を落とすことにもつながります。おしりとともに太ももの筋肉も使われ、脚全体のシェイプアップができるでしょう。体全体の脂肪燃焼効果も高まり、血流も促されるため、全身痩せや太りにくい体づくりにも役立ちます。

まとめ

特別なエクササイズをしなくても、歩き方に気を付けるだけでおしりのたるみを防げるなんて、魅了的ですね。それだけではなく、全身痩せや下半身のシェイプアップにも効果的だということがわかりました。さらに、姿勢良く颯爽と歩いている女性は、ポジティブでイキイキとして見えていいことづくし。今日から早速、正しい歩き方をスタートしましょう!

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識