ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

原因を知って解消しよう!ぽっこりお腹になってしまう原因とは?

   

原因を知って解消しよう!ぽっこりお腹になってしまう原因とは?

姿勢の悪さ

全体的に太っているわけではない人が、ずん胴やお腹ぽっこりになるのは、猫背に代表される姿勢の悪さが原因かもしれません。
自分の姿勢を見直してみましょう。試しに背中を丸めて極端な猫背のポーズをとってみると、腹筋まわりの力が抜けて、お腹が出ることがわかります。逆に背筋をピンと伸ばすとお腹に力が入り、引き締まったように感じます。これは、腹筋や背中の筋肉が内臓をしっかり支えているかどうかの違い。姿勢が悪いと筋肉に力が入らず、内臓を支えきれなくなって内臓下垂を起こしてしまいます。その結果、お腹がぽっこりと出てしまうというわけです。姿勢の悪さは内臓に負担をかけるだけではなく、スタイルを悪く見せてしまうことにもつながります。デスクワークが多い人は特に、猫背にならないように注意しましょう。

水分の摂りすぎ

ぽっこりお腹の原因で女性に多いのが、水分の摂りすぎです。「美容のため」と言って1日に1.5~2リットルの水を飲んでいる女性は多いですが、水分を摂りすぎると内臓が冷えて代謝が悪くなってしまいます。余分な水分を排出できなくなり、お腹がぽっこり出る原因になるのです。むくみやすい人や、体を動かしたときに、お腹からチャプチャプと音がする人は要注意。水分は食事の中にも含まれているので摂りすぎないようにして、体を温めるとよいでしょう。冷たすぎる飲み物は避けて、半身浴やサウナ、岩盤浴などで体を温めると効果的です。

脂肪のつきすぎ

ぽっこりお腹の原因でもっとも多いのが、脂肪がつきすぎていること。脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、男性の場合はメタボ体型に代表されるように内臓脂肪がつきやすいのに対し、女性の場合は皮下脂肪がつきやすいと言われています。女性は男性より筋肉が少なく冷えやすいので、体を守るために皮下脂肪を蓄えているのです。「3段腹」に代表されるように、皮膚の上から脂肪ががっちりつかめるなら、そのぽっこりの原因は皮下脂肪。体を冷やさないようにして代謝アップを心がけ、マッサージなどで脂肪をやわらかくして、燃焼しやすくすることが大切です。

本当なら難しい”お腹の部分痩せ”…でも、これを使えば!

ぽっこりお腹の3大原因をご紹介しました。中でもやっかいなのが皮下脂肪。運動や食事制限では全身の体重を落とすことはできても、お腹だけをピンポイントで細くすることはできません。そこでおすすめなのが、狙った脂肪にダイレクトでアプローチするキャビテーション。エステサロンや家庭用美容機器で行える部分痩せの方法です。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識