ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

簡単エクササイズで美尻を作る!後ろ姿も美人になろう

   

簡単エクササイズで美尻を作る!後ろ姿も美人になろう

美尻の基準とは?

日本人のお尻は主に、筋肉が衰えて脂肪が付き過ぎた垂れ尻、メリハリのない扁平尻、姿勢の悪さや骨盤のゆがみによる出っ尻、骨盤周りや太ももに脂肪が付いている四角尻の4つのタイプに分けられます。日本ではひと昔前まで、スレンダーな小尻が理想の形とされてきましたが、近年ではもっとボリュームのある世界的な美尻の基準が主流になってきました。

美尻の世界的な基準は、ヒップの奥行、高さ、丸さの3つのポイントを兼ね備えた、上向きでツンとしたヒップライン。日本人のお尻では、どのタイプからであっても、ダイエットで脂肪を減らすだけでは理想的なお尻は手に入らないことがわかります。

理想的な美尻を手に入れるためには、食事制限で痩せるだけではなく、エクササイズやトレーニングを取り入れ、筋肉を鍛えてヒップアップする必要があるのです。

寝ながらできる簡単エクササイズ

仰向けヒップアップ

お尻の筋肉の大部分を占める大臀筋を鍛えられるエクササイズ。太ももの裏側にあるハムストリングも鍛えられるので、お尻から太ももにかけてメリハリのあるヒップライン作りに効果的です。

  1. 仰向けに寝て腕を体の横に置きます。
  2. 足を肩幅に開き、床に付けたまま両ヒザを90度に曲げます。
  3. お腹を引き締めた状態で、お尻の筋肉を使いながらゆっくりと腰を浮かせます。
  4. ヒザと肩のラインを一直線にした状態で、2~3秒キープします。
  5. ゆっくりと腰を落として元の状態に戻ります。
  6. 3~5を10回繰り返すことを1セットとして、1日2セットを目安に行いましょう。

うつ伏せヒップアップ

日常生活の動作では鍛えにくい中臀筋と小臀筋を鍛えることができるエクササイズです。骨盤を安定させる効果があり、垂れ下がっているお尻を持ち上げてキュッと上がった理想的な美尻が目指せます。

  1. うつ伏せに寝て体の横に腕を置きます。
  2. 手のひらを床面に付け、両腕を体の下に入れます。
  3. 息を吸いながら手のひらでバランスを取り、片脚を上げます。
  4. 息を吐きながら脚を下ろします。
  5. 反対側の脚でも同じように行います。左右5回ずつを1セットとして、1日3セットを目安に行いましょう。

まとめ

痩せているだけよりメリハリのあるプロポーションが人気な今の時代。お尻もスレンダーなだけより、丸みを持った程良いボリュームのあるお尻が注目されています。エクササイズでヒップアップするとともに、キャビテーションなどの脂肪を減らしてセルライトを解消するためのケアを取り入れて、後ろ姿美人を目指しましょう。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識