ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

おしりスクワットは何が違う?正しいやり方で美尻を目指す

   

おしりスクワットは何が違う?正しいやり方で美尻を目指す

おしりスクワットと普通のスクワットの違いとは?

一般的なスクワットは、太ももの内側や裏側に負荷がかかります。おしりを鍛えるスクワットは、太ももの内側にある内転筋に加えて、おしりの最も大きな筋肉である大臀筋を鍛えることができるのが特徴です。一般的なスクワットと、おしりに効くストレッチの定番である「相撲スクワット」のやり方をご紹介しましょう。

一般的なスクワットの方法

  1. 肩幅と同じくらいに足を開き、つま先は真っ直ぐ前を向いた状態にします。
  2. 腕を肩の高さまで上げて前に伸ばします。
  3. おしりを後ろに突き出すようにして、地面と太ももが平行になるまで上体を下ろします。
  4. 下ろしきったら、ゆっくりと②の状態まで戻ります。
  5. 3~4を50回程度繰り返します。

相撲スクワットの方法

  1. 足を肩幅の約1.5倍くらいに開きます。つま先は45度外側に向けましょう。
  2. 背筋を真っ直ぐ伸ばしたまま、お相撲さんの「四股(しこ)」のイメージでヒザを外側に向けて曲げ、ヒザが90度になるところまで沈みます。
  3. ゆっくりと①の状態まで戻ります。
  4. 2~3を10回繰り返すことを1セットとして、1日に3セット行いましょう。

スクワットをすると腰やヒザが痛くなる原因

スクワットは筋トレの中でも、筋肉を効果的に鍛えることができるトレーニングです。しかしその反面、正しいフォームで行わなければ腰やヒザに負担をかけてしまうことも。腰が反り過ぎたり丸まったりしていないか、また、体が前のめりになって全体重がヒザに集中してしまっていないか、慣れるまでは鏡でフォームを確認しながら行いましょう。

おしりスクワットのポイント

おすすめの時間帯

食前や入浴前、寝る1時間前に行うと効果的です。食後は消化不良を起こしやすく、寝る直前は入眠の妨げにもなるので避けましょう。

スクワットを行う頻度

ダイエット中の方は毎日行いたいと思うでしょう。しかし、筋肉痛が生じている時は筋肉が炎症を起こしている状態なので、痛みが治まってから行うようにしましょう。慣れてきて筋肉痛にならないようになれば、毎日行っても問題ありません。

まとめ

一般的なスクワットもおしりスクワットも下半身を鍛えるために有効ですが、おしりスクワットの方がよりヒップラインの美しさに特化したエクササイズだといえるでしょう。回数は、最初は上でご紹介したより少なめでも大丈夫。慣れたら徐々に増やしていきましょう。

ムリさえなければ、もっと多い回数行っても問題ありません。腰の痛みが気になる方はコルセットなどを利用する、体重が重い方は少し痩せてからスクワットを取り入れる、などの方法もありますが、心配な方は医師に相談してください。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識