ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

ヒップリフトは体幹にも効く!正しいやり方と効果とは?

   

ヒップリフトは体幹にも効く!正しいやり方と効果とは?

ヒップリフトのやり方

  1. 床に仰向けに寝ころびましょう。
  2. 腕を体の横に伸ばし、手のひらを床面に向けます。
  3. 両ヒザを曲げて、お尻を引き締めるように力を入れます。
  4. 息を吐きながら、ゆっくりとお尻を床から離して持ち上げます。
  5. 腰をまっすぐに伸ばし、肩からヒザまでが一直線になった状態をキープします。
  6. 息を吸いながらゆっくりとお尻を床に戻します。
  7. 4から6を10回行うことを1セットとして、1日3セットを目安に行いましょう。

ヒップリフトの効果を高めたい方は、お尻を下ろす時に床に付けず、少し浮かせた状態で上下の持ち上げ運動を繰り返してください。また、上下の動作を3秒程伸ばし、時間をかけて行うと負荷が高まり、よりヒップリフトの効果を高めることができます。慣れてきたら1セットの回数を15~20回に増やしましょう。

ヒップリフトを行う上で注意すること

お尻の筋肉を使ってゆっくりと行う

勢いをつけて反動でお尻を持ち上げるのではなく、お尻の筋肉を意識しながらゆっくりとヒップリフトを行うことが大切です。お尻をギュッと引き締め、ヒザが離れないように気を付けながら、足裏に力を入れて腰を持ち上げましょう。両ヒザの間は、こぶし1個分をキープすることがポイントです。

ヒザや腰が痛む方はアレンジを

ヒップリフトの際にヒザや腰に痛みを感じる時は、お尻から離した位置に足を置きましょう。また、腰を反らせすぎている可能性があるので、お尻を持ち上げる時にはお腹に力を入れるように意識してください。関節痛やケガによる痛みがある方は、無理をしないように注意しましょう。

ヒップリフトの効果、メリットは?

ヒップリフトは大臀筋を鍛えることができ、お尻のたるみを防いで引き締め効果が得られるため、理想的な美尻を目指すことができます。そればかりか腹筋をはじめとする体幹や太もも裏のハムストリングも同時に鍛えられるので、筋肉の収縮が活発になり、血行が促進されて全身の代謝活動がアップします。
むくみの原因につながる水分や老廃物が排出されやすくなるため、お尻や太もも周りに付きやすいセルライトの予防にも効果的です。

まとめ

「ヒップリフト」と聞くとお尻だけに効果がありそうに感じますが、実際には体幹や太ももまで鍛えられ、女性が特に気になる部分に幅広く効くことがわかりました。
より負荷をかける方法や、ヒザや腰が痛む時に負荷を軽くする方法もあるので、体調やトレーニングの度合いによってアレンジできることも日常生活に取り入れやすいメリットのひとつです。今日からぜひ、継続してチャレンジしてみましょう!

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識