ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

チューブを使っておしり痩せ!同時に美脚も手に入れよう!

   

チューブを使っておしり痩せ!同時に美脚も手に入れよう!

チューブを使ったエクササイズのメリット

美しいヒップラインを作るためには、おしりにある大臀筋、中臀筋、小臀筋の臀筋群と太ももの裏側にあるハムストリングスを鍛えることが重要です。ヒップアップのためのエクササイズはさまざまありますが、それをチューブを使って負荷をかけながら行えば、よりスピーディーにおしりの筋肉を鍛えられます。
さらに、チューブを足にひっかけてエクササイズをすることで、おしりだけではなく、太ももやふくらはぎまで鍛えることが可能。おしり痩せやヒップラインを整えるのと同時に、美脚も目指せます。

また、エクササイズ用のチューブは、ゴムの硬さや伸縮性が異なるさまざまな種類が販売されています。自分の体力や体型に合わせて強度を選ぶことで、適した負荷に調節することができるのです。
体力に自信がない女性や高齢の方でもトライやすい点が大きなメリットでしょう。価格も1,000円以下の商品から販売されているので、費用負担が軽めで、自宅で気軽にエクササイズを始められます。

チューブを使用したエクササイズ

レッグカール

おしりに加えてハムストリングスを鍛える効果があるので、ヒップアップと美脚を目指せるエクササイズです。表面が平らで短めのチューブがオススメです。

  1. チューブを折り曲げ、30cmほどの輪を作ります。
  2. 鍛える方の足のかかとにチューブの輪をかけます。
  3. 反対側の足のつま先にチューブの輪をかけて固定しましょう。
  4. ヒザを30度くらいに曲げ、チューブを伸ばし、戻します。
  5. 左右10回ずつ、2~3セットを目安に繰り返しましょう。

バックキック

大臀筋や脚全体を効率よく鍛えられるエクササイズ。表面が平らで伸縮性のあるチューブがオススメです。

  1. 手を肩幅に開いて床につき、四つん這いになります。
  2. チューブの輪を左足首に通して引っかけます。
  3. 右足のかかとにチューブを引っかけ、チューブを伸ばしながら右脚を後ろに伸ばします。
  4. ヒザを曲げてゆっくりと床面側に右脚を下ろし、ヒザは床に付けずに90度の状態にします。
  5. 再び右脚を伸ばし、上下運動を15回ほど繰り返します。
  6. 反対側も同様に行います。
  7. 左右3セットを目安に繰り返しましょう。

まとめ

チューブを使ったエクササイズは、何も使わずに行うより運動効率が高く、ヒップラインを整えることと美脚を同時に叶えられることがわかりました。
上でご紹介したエクササイズは、慣れてくればテレビを見ながらでも実践できます。チューブのタイプも短めのバンドタイプ、長いひもタイプ、持ち手がついたタイプなどいろいろ。エクササイズの内容に合わせて複数用意すれば、さらに効果的に楽しめそうです。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識