ウエストダイエット!絶対痩せる方法は?

29歳OLが実際に体験したウエストダイエット方法を徹底比較!

*

リバウンド後に体重を戻すなら今すぐやってほしい3つの事

   

リバウンド後に体重を戻すなら今すぐやってほしい3つの事

なぜリバウンドは起こるのか

ダイエットに成功した人のうち60%以上がリバウンドを経験しているというデータがあるほど、ダイエットとリバウンドは切っても切り離せないものです。リバウンドが起こる仕組みには、大きく分けて次のようなことが考えられます。

体が飢餓状態になるため

体には生きるために一定の状態を保とうとする機能が備わっています。ムリな食事制限のダイエットしていると必ず停滞期がやってきますが、これが、体が飢餓を感じて食事からエネルギーをより吸収しようと働き、なおかつ消費エネルギーを抑えようとする現象。体重がなかなか落ちなくなり、諦めて普通の食事に戻すと余計に太りやすくなります。

満腹感を覚えにくくなるため

食事量を極端に減らすダイエットでは、満腹中枢を刺激するホルモンの分泌量が減ってしまいます。満腹感を覚えにくい状態でダイエットに挫折して普通の食事量に戻すと、しばらくの間はついつい食べ過ぎてしまいがちになり、リバウンドしやすくなるのです。

リバウンドから体重を元に戻すには

筋肉量を増やす

ムリなダイエットをすると、脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまいます。筋肉量が増えれば、何もしていなくても消費するエネルギーである基礎代謝量が増え、脂肪が燃えやすい体に。
痩せるためには有酸素運動も大切ですが、筋肉量を増やす筋トレも併せて行うようにしましょう。筋肉量の増加とともに、一時的に体重が増えることもありますが、心配せずに筋トレを続けていくことが大切です。

タンパク質を意識してとる

脂肪のもとになる糖質や脂質を抑え、筋肉のもとになるタンパク質を多く含んだ赤身のお肉や鶏のささみ、大豆製品などを意識的にとるのがおすすめです。

食事の時の噛む回数を増やす

上でご紹介した「満腹感を覚えにくくなる」という状態を通常に戻すためには、よく噛んで食べることがポイントです。噛む回数が増えると満腹中枢が刺激されやすくなり、空腹感が和らいでいきます。また、満腹中枢が刺激されるまでには時間がかかるため、ゆっくりと時間をかけて食事をすることも大切です。

まとめ

そもそもリバウンドしにくいムリのないダイエットをすることはもちろん大切ですが、知らずにムリなダイエットからリバウンドを招いてしまった場合には、筋肉量を増やすことと満腹中枢を通常に戻すことを積極的に行いましょう。リバウンドしにくいダイエット法としては、脂肪に直接アプローチする家庭用キャビテーションマシンがおすすめです。リバウンドから体重を戻す時にも、気になる部位から細くなれるので励みになるでしょう。

私が試したウエストダイエットの方法は3つ

美容家電でダイエット

1位は美容家電をつかったウエストダイエット。いろいろ試したけれど、やっぱり家で自分のペースでやれるというのは大きい!!それに、最近の美容家電ってすごい進化していて、エステと同じくらいのポテンシャルがあるんですよ~。
私が特に効果を感じたのは、「EMS」と「キャビテーション」。もともとエステでしかできなかった施術なんですが、これが自宅でできるなんて最高!!

美容家電でウエストダイエット

エステでダイエット

やっぱりエステの痩身コースは良かったです。人の手で施術してくれるので、リラックス効果もあるし、なによりキレイになってる!っていう実感がよかったです。美容家電よりも勝ってるのはそこかなと思います。ただやっぱりネックだったのが費用…。ほんとはエステでダイエットしたかったのですが、お金が続かず断念してしまいました。それに、人気のサロンは予約も取りづらいので、なかなか通えませんでした。

エステでウエストダイエット

ジムでダイエット

ジムでのダイエットで一番よかったのは、運動をしているときの爽快感!特に、ノリノリの音楽を聴きながらのトレーニングは最高のストレス発散!マシンでトレーニングしたり、トレッドミルで走ったりするのは自分との戦いで、時にはめげそうになっちゃいましたが…w
マシン・トレッドミル・水泳・ヨガと至れり尽くせりのジムでしたが、やっぱりこちらも続かず…。仕事柄、帰りが遅くなるときもあったので、平日はなかなかジムに行けず、土日も行くのが億劫になってしまって、結局解約してしまいました。

ジムでウエストダイエット

 - ウエストダイエットマメ知識